身体を「温める食べ物」と「冷やす食べ物」を東洋医学の考え方から考察|あなたの体質に合った食べ物は?

暑い時期は冷たい食べ物、寒い季節は温かい食べ物を好みますが、食材にも温める、冷やすの作用があることをでしょうか。東洋医学や薬膳にも通じる考え方ですが、古代から伝わる自然治癒力を重視した医学体系であり、その中で「温める」と「冷やす」という概念は非常に重要な役割を果たしています。

これらの概念は、身体のバランスを保つための基本的な考え方であり、食事や生活習慣に深く関連しています。この記事では、東洋医学における温めると冷やすの概念について詳しく説明し、具体的な食材を紹介しています。五行説にも通じますが、季節や体質に応じた食材の選び方や、日常生活で取り入れやすい方法考えてみてください。冷凍食品、保存食品は果たして食べ物として機能しているのでしょうか。

東洋医学における温めると冷やすの概念

温めると冷やすの基本的な考え方

東洋医学や薬膳において、「温める」と「冷やす」は、身体のバランスを保つための基本的な概念です。温めることは、体内の血行を促進し、エネルギーの流れを良くし、寒さによる不調を和らげる効果があります。

一方で、冷やすことは、熱を取り除き、炎症や熱感を抑える効果があります。これらの概念は、食事や生活習慣に反映され、季節や体質に応じて適切に取り入れることが重要です。

気血(きけつ)の循環と体温調節

気と血の流れが健康の鍵とされています。気は生命エネルギーであり、血は栄養を運ぶ役割を担っています。これらの循環が滞ると、冷えや熱、痛みなどの症状が現れます。温めることは、特に冷えによる症状を改善し、血行を良くするために重要です。逆に、冷やすことは、過剰な熱を取り除き、炎症を抑えるために必要です。体温調節は、これらのバランスを保つために欠かせない要素となります。

身体を温める食材

温める食材の特徴

身体を温める食材は、一般的に辛味や甘味があり、色が赤やオレンジ色をしているものが多いです。例えば、ショウガ、ニンニク、唐辛子、シナモンなどのスパイス類は、血行を促進し、体を内側から温める効果があります。

また、羊肉や鶏肉などの赤身の肉類も、体を温める作用があります。これらの食材は、冷え症の改善や体力増強に役立ちます。

日常で取り入れやすい温める食材

日常生活において、簡単に取り入れられる温める食材を紹介します。例えば、ショウガ入りの紅茶やスープ、ニンニクを使った料理、シナモンを加えたデザートなどがあります。また、冬場には温かいスープや鍋料理が効果的です。

これらの食材を使ったレシピを工夫することで、無理なく温める食材を日常に取り入れることができます。

季節や体質に合わせた温める食材の選び方

温める食材の選び方は、季節や体質に合わせて変えることが重要です。冬場や寒冷地では、より強力な温め効果を持つ食材を選ぶと良いでしょう。一方、夏場や温暖な地域では、過剰な温めは逆効果になることもあります。体質に関しては、冷え性の人には温める食材が有効ですが、逆に体が常に熱いと感じる人には適度なバランスが必要となります。

身体を冷やす食材

冷やす食材の特徴

身体を冷やす食材は、一般的に苦味や酸味があり、色が緑や白っぽいものが多いです。例えば、キュウリ、スイカ、ナス、ミント、緑茶などがあります。これらの食材は、体内の熱を取り除き、炎症を抑える効果があります。特に夏場や暑い環境での消費が推奨されます。

日常で避けたい冷やす食材

冷え性の人や寒い季節には、冷やす食材を過剰に摂取することは避けた方が良いです。例えば、アイスクリームや冷たい飲み物、生野菜のサラダなどは、体を冷やし過ぎてしまう可能性があります。これらの食材は、適度な量に抑え、温かい料理とバランスを取ることが大切です。

季節や体質に合わせた冷やす食材の選び方

冷やす食材の選び方も、季節や体質によって工夫が必要です。夏場や暑い日には、冷やす食材を積極的に取り入れ、体の熱を調整することが重要です。

しかし、冷え性の人や寒い季節には、これらの食材を控えめにし、体を温める食材を優先することが健康維持に繋がります。自身の体調を観察し、適切なバランスを保つことが大切です。

まとめ

季節や自身の体調を理解されている方は、自然と「食べたくなる食材」を選択されていると思います。対して、自然に対して逆らっていたり、自身の体調に耳を傾けない方は、そういった、適切な食材の選び方ができないかもしれません。違った角度で見てみると「旬」の食材を選ぶことにも繋がると思います。夏場の野菜はキュウリやトマトなど体を冷やす食材が旬ですし、冬場は根野菜が中心になると思います。私たちの体調は自然の摂理に合わせるように出来ているのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA