体のバランスと体質は「五臓六腑」を知る事で調和を保つ|東洋医学の基本である心身一如の考え方

東洋医学は古代中国を起源とし、長い歴史の中で発展してきた医学体系です。その中心には「五臓六腑(ごぞうろっぷ)」という概念があります。日本でも「五臓六腑に染み渡る」という美味しい食べ物や飲み物を食した時に、体に染み渡るという表現があります。五臓六腑は体内の臓器や機能の集まりを示すもので、東洋医学では五臓六腑の調和が健康を保つ鍵とされています。

続きを読む
カラダは5つに分類される「五行説」とは|東洋医学の基本を五行色体表を用いて解説

五行色体表は、この五行説を具体的に診断ツールとして活用したもので、個々の人の体質や健康状態を色や体の形状から読み解く方法です。このツールは、体の各部分の色を観察することで、その人の健康状態や気のバランスを診断する手がかりを提供します。例えば、顔の色や舌の色、手の色などが五行の各要素と関連づけられ、特定の色が強く表れている場合、関連する臓器や体系に問題がある可能性を示唆します。

続きを読む
健康寿命を目指す東洋医学の食事の養生法|中医学との違いから薬膳を考察

東洋医学の食事に基づく健康管理法と実践の方法、中医学との比較、そして薬膳の具体的な応用に焦点を当てています。日本を含む多くの国で、健康を維持し病気を予防するために、これらの古くからの知恵がどのように活用されているかを掘り下げて解説しています。

続きを読む
労働(労)と休息(逸)の適切な配分が病気を遠ざける|東洋医学における労逸結合の考え方と漢方の役割

東洋医学の視点から見ると、人間の体は自然界と密接な関係にあり、季節の変化や日々の生活リズムによって影響を受けます。過度な労働は体の「気」を消耗させ、必要以上の休息は「気」の流れを停滞させることがあります。そのため、労逸は単に身体的な休息を意味するだけでなく、心の平穏や精神的なリラクゼーションも含んでいます。このバランスの取り方が、体調を整え、病気を遠ざける鍵となります。

続きを読む
季節の変わり目!食べ物から見る東洋医学を取り入れた養生法

季節ごとの変化に適応するために、東洋医学では「季節の養生」が非常に重要な概念とされています。季節の養生とは、その時期の気候に最も適した食べ物を選び、適切なライフスタイルを実践することで、体の健康を維持し、病気の予防を図る方法です。

続きを読む
5つのタイプでわかる体質分類!東洋医学の「陽虚・陰虚・気虚・痰湿・血瘀」を理解して免疫力アップ!

体質とは、個々の生理的特徴や気質を指し、これに基づいて最適な健康管理法や治療法が提供されます。体質は遺伝的要因、生活習慣、環境など多くの要素によって形成され、それぞれの体質には特有の強みと脆弱性があります。

続きを読む
自然界と人間の体を科学する、東洋医学における陰陽五行の理論とは何か

陰陽五行理論は、自然界の五つの基本的な要素である木、火、土、金、水を用いて、季節や気候、地理的要素が人間の健康にどのように影響するかを説明します。これらの要素はそれぞれが特定の器官や感情、色、季節、方向と関連付けられており、これらの要素の間のバランスが取れているかどうかが、健康を維持する鍵とされています。

続きを読む
根本治療を目指す方に知っておいてほしい、東洋医学と西洋医学の考え方の違い

二つの医学体系がどのようにして異なるアプローチで健康と病気を扱うのか、そしてその違いが患者の治療選択にどのように影響を与えるのかを理解することは、医療専門家だけでなく、一般の人々にとっても非常に重要です。

続きを読む
東洋医学が自然治癒力を最大限に引き出す|簡単にわかりやすく解説

東洋医学は、人間の体と心のバランスを整えることに重点を置き、自然治癒力を最大限に引き出す手法として知られています。今回の記事では、東洋医学の基本的な概念や治療法、学び方について、初心者でも理解しやすい形で解説します。

続きを読む